住所調査

最近では携帯電話やメール、SNSといったツールで連絡を取りあうことができるため、交際していても住所を知らないという方が多いようです。最寄駅までは知っているけど住所は知らないなんて方もいるのではないでしょうか?付き合っている当初はそれで問題ないでしょう。問題は何かしらの恋愛トラブルで別れてしまった場合です。急に連絡が取れなくなった。携帯に電話しても通じない。というような状況になってからではご自身で特定することは難しくなります。引っ越してしまった場合も同様に、そこから住所を特定するのは難しいでしょう。また復縁工作などをする上で、相手の勤務先や住所というのは最低限必要項目となります。情報がない中では工作自体が行えません。ただ、お持ちの情報量によっては特定が可能なケースも多く、そのため行動調査や工作などする場合でも、身元が分からないケースはまず現住所調査や勤務先調査を行います。

現住所調査を相談する場合

まずお手持ちの情報にどのようなものがあるかを整理してください。
・氏名、生年月日
・携帯電話番号、メールアドレス
・実家住所、旧勤務先、旧住所
・車のナンバー、卒業校、大まかな住所...
そのほかSNSの情報や口座番号など些細な情報でも構いません。
今ある情報を整理してください。
その中で利用できる情報を使用します。例えば氏名が源氏名などの場合、その情報は有効ではありません。携帯電話が解約されている場合、解約してからの期間にもよりますが、情報として利用できないでしょう。SNSなども退会してしまっていれば意味がありません。このように使える情報と使えない情報がありますが、まずは使えるかどうかは考えずに、どのような情報をお持ちなのか教えてください。

恋愛相談窓口 | 無料メール相談 | 有料相談について

一つ前のページへ戻る

Copyright (C) loveadvice. All Rights Reserved.
復縁なら探偵 別れさせ屋・恋愛相談なら垣原奈緒子