工作の料金、システムについて

復縁工作や別れさせ屋工作を行う上で、料金的な部分は気になるところだと思います。
ただ工作はいくらでできるというものではないのです。状況などを踏まえ、それに適した方法を考える必要があります。もちろんのこと予算を増やせば、工作に幅を持てるようになり、不測の事態への対処、また状況が変わった時の代替え案などの対処ができます。しかし予算には人それぞれ限りがあるので、限られた中で方法を考えていかなければなりません。例えば予算100万円の方に200万円の方法を提案しても成果の見込みはありません。予算が100万円なのであれば、その中でできる方法を選択したほうが現実的です。

案件により様々ですが、皆様の予算を平均すると150~200万円の間が多いです。ただこの金額は平均であり一つの目安にしかすぎません。100万円程度で成功するケースもありますので、まずは状況などを聞かなければ判断はできません。対象者の居住地域や職業、移動手段や性格などもかかわってくる部分です。情報が全くないのであれば、そのあたりを調べる必要もでてくるでしょう。相手が不規則な生活をしているのであればロスなども考えて行わなければなりません。このように状況や情報量により手法は変わりますので、そのあたりも踏まえ、ご予算に応じたプランを検討していきます。

料金システム

別れさせ屋や復縁工作・結婚工作などすべての工作に置いて上記のように料金は一概にいくらとはいえません。
関わるスタッフの数や調査地域などにもよるでしょう。そのためまずは現在どのような状況で最終的に何を目的にするのかを教えていただく必要があります。最終目標があるわけで、それを目指したプラン構築が必要なのです。

例えば復縁したい相手がいたとしましょう。現在の情報量がどの程度なのかで、最初の方針が変わります。
失恋後期間が経っており、現在どこに住んでいるか分からないという場合は、まず相手が今どこに住んでいて何をしているのかなど調べる必要があります。相手の居場所がわからなければ工作は行えません。逆に情報が一通り揃っているようであれば、そのような調査をする必要がなくなります。この部分で費用的なところも違いが出ます。
相手の居場所がわからない場合、まずは調べていく必要がありますが、それをする上で予算のことも考えなければなりません。総予算は人それぞれ決まっており、その中で工作を行います。その型の予算が200万円だったとしましょう。この金額が上限であり、この中で成果を収める必要があります。住所特定以外にも、その先工作を行うための費用を残しておく必要があるため、必然的に住所特定に費やせる予算枠というのが決まっていきます。このような場合、最初にかかる費用は住所特定のみで、それ以外の費用はまだ支払う必要がありません。
予算枠で特定ができれば先に進める、特定ができない場合はその時点で中止にするか、代替え案があるのであれば、その方向で進めてみるというように、工作は金銭面でも方法を考え、変更する必要があります。
例えば別れさせ屋工作で使われる「対象者に異性を近づけ恋愛感情を引き出す」という画一的な手法に縛られるのではなく、予算枠や状況など踏まえ、適した方法を考えていくのが理想的だと思います。

料金的な部分に関しましては、このように進め方や状況により変わりますので、まずは一度ご相談されることをお勧めします。当相談室専用フォームもしくは直接メールをいただく形でも構いません。もしくは当相談室を管理し、私が在籍する探偵社「FAX探偵ドットコム(=http://www.faxtantei.com)」でも対応しております。お気軽にお問い合わせください。

恋愛相談窓口 | 無料メール相談 | 有料相談について

一つ前のページへ戻る

Copyright (C) loveadvice. All Rights Reserved.
復縁なら探偵 別れさせ屋・恋愛相談なら垣原奈緒子